« タバコはホントに万病のもと | Main | 共役リノール酸でダイエット? »

タバコを何処で吸うか、それともやめる? 禁煙関連リンク集

室内禁煙で、都市の空気まできれいに [日経ヘルス]

レストランやバーでの喫煙を許している都市よりも、こうした公共施設の室内を全面禁煙にした都市では、空気が劇的に浄化されていることがわかった。
アメリカにはレストランなどの施設全面禁煙って都市が結構たくさんあるんですね。 公共施設内で禁煙ってことは、当然自宅などでは吸えるわけですがそれでも都市全体の空気が綺麗になってるのは興味深い結果です。 やっぱり禁煙しようってきっかけになるのでしょうか。
一番空気がきれいだったのはニューヨークでしたが、ニューヨークは非常に厳しい禁煙都市として有名で、95年に禁煙条例が施行され、公共の場所や交通機関、レストラン、職場、屋外の野球場まで全面禁煙。 タバコやめようと思う気持ちもわかります。
すごいなニューヨークと思っていたら、禁煙条例の先駆者はミネソタ州で、1975年に「室内空気清浄法」を施行していて、これが他州のモデルになっているようです。 最近ではサンタモニカ市で喫煙禁止条例が施行されていて、この条例ではこれまでに禁止だった場所に加えて海岸も禁煙場所に指定されています。 もうタバコ吸えるのは自宅だけってことになりかねませんね。

と、アメリカの話を対岸の火事のように書きましたが、日本でも公共施設の禁煙化は着実に進んでいます。 「歩きタバコ禁止条例」がぽつぽつと報道されていますが、この条例の裏には「健康増進法」があります。 この法律は簡単に言うと国民の健康を害さないようにしようって法律(だと思う)ですが、このなか(第五章第二節)に「受動喫煙の防止」というものがあります。

学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。
というわけで、飲食店などでは、禁煙席を作る努力をしないと行けないわけですね。

最近では郵便局が全面禁煙を発表したり、吉祥寺駅周辺が禁煙になったり[KICHIJOJI*LIFE]と着々と進んでいるのがわかりますね。 大学でも禁煙しようという試みがあったりするようなので、市や区という単位で公共施設や路上が禁煙になる日もすぐそこまで来ていると云えそうです。

というわけで、禁煙に関してリンク集作りました。

大阪府立成人病センター
 「ニコチン依存度判定テスト」や「禁煙成功(継続)率予測ページ」があります。
この禁煙成功率予測はオススメ。
禁煙指導研究会
 「たばことコスト・依存度評価」で心理的な依存のタイプを確かめられます。
今日から禁煙しよう
 禁煙に関するアドバイスやプログラムが充実。
 「タバコを吸いたくなったら」という項目に「キュウリをかじる」ってある。
まゆみ先生の禁煙外来
 Q&Aが充実。 そのほかにも@Nifty会員向けのサービス禁煙webクリニックを運営。
続・禁煙のススメ
 7日間の禁煙カレンダーを公開されています。
禁煙マラソンカウンター
 Vectorで公開されているフリーウェア。
 どのくらい禁煙しているのか一目でわかるようです。
インターネット禁煙マラソン
 禁煙に関するメールマガジンが1日2通送られてきます。 【有料】
 無料のプランもあるみたいです。
ニコレット ホームページ
噛んで禁煙しようというわけですな。

|

« タバコはホントに万病のもと | Main | 共役リノール酸でダイエット? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/675773

Listed below are links to weblogs that reference タバコを何処で吸うか、それともやめる? 禁煙関連リンク集:

« タバコはホントに万病のもと | Main | 共役リノール酸でダイエット? »