« 痛みを客観的に測定 | Main | クローンのクローンは作れない? »

ひづめと牛乳の意外な関係

ひづめ削って牛乳を増産 歩行安定し体調良好に [Yahoo!]

乳牛の伸びたひづめを削る「削蹄(さくてい)」を施しひづめを良好な状態に保てば、歩行リズムが安定して体調が良くなり、乳量が20%ほど増えることを科学的に裏付け、25日までに日本畜産学会で発表した。
酪農家の間ではひづめを整えると搾乳量が増えるというのはよく知られたことだったようですが、科学的に検証したのは初めてだそうです。
歩行のリズムの安定が乳量の増加と相関があるようですが、要するに乳牛にストレスがたまらないからってことのような気もしますね。 そもそも、ウシや馬にとってひづめの管理は非常に重要な問題で、年に数回削らないと病気になってしまうこともあるようです。 乳量だけじゃなくて味との相関はないのかな? ストレスが背景にあるのなら、味や栄養分とも相関がありそう。

|

« 痛みを客観的に測定 | Main | クローンのクローンは作れない? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/656280

Listed below are links to weblogs that reference ひづめと牛乳の意外な関係:

« 痛みを客観的に測定 | Main | クローンのクローンは作れない? »