« 紙のように薄い太陽電池 | Main | 100万歳の赤ちゃん »

触覚増幅コンタクト

指に付けると感度アップ 名工大教授 名付けて「触覚コンタクト」 [Unlimited News Works -雪花乱舞-]

通常なら触れても気付かない凹凸が、指に付けるだけではっきりと認識できるようになる「触覚コンタクトレンズ」を名古屋工業大の佐野明人教授が開発した。28日に同大学で開かれる講演会で披露する。
現在でも鋼板にわずかな凹凸など人間の感覚に頼る行程があり、それをサポートするのに役立つだろうということです。
元記事に画像がありますが、見た目はツボ押しマッサージの突起がもっと細かいようなもの。 ちょっとしたふくらみでも刺激が増幅されるような仕組みなんですね。 何するわけじゃないんだけど、無性に試してみたいのは何でだろう。

|

« 紙のように薄い太陽電池 | Main | 100万歳の赤ちゃん »

Comments

はじめまして、私は安城市の豊臣機工(株)の補給部品を担当している酒井喜行といいます。
当社はトヨタさんの補給部品(ドア、フェンダー、クォーター等)の生産をしており、外観の凹凸、ブツ、キズで大変苦慮しております。
是非 先生の開発商品(触覚コンタクトレンズ)をもっと詳しく教えて頂ければと存知あげます。
大変興味を持っております。
つきましてはどのようなご連絡をどこへ差し上げれば良いか 教えて頂ければ幸いと存じます。
どうか宜しくお願いします。

Posted by: 酒井喜行 | July 30, 2004 at 11:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/674892

Listed below are links to weblogs that reference 触覚増幅コンタクト:

« 紙のように薄い太陽電池 | Main | 100万歳の赤ちゃん »