« 飲むだけで痩せる薬 | Main | アメリカ人の3分の1はジャンクフード »

絶滅危惧種をタイムカプセルに

絶滅危惧種の細胞・遺伝子を保存、タイムカプセルが完成 [asahi.com]

保存対象は「日本の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータブック)」に記載された200種以上の鳥類や哺乳類、魚類。緊急性の高いものから順次保存される。野生種が絶滅したトキや、絶滅危惧(きぐ)種のツシマヤマネコとリュウキュウアユの精子や臓器の細胞などがすでに凍結保存されている。ヤンバルクイナやライチョウ、ワシミミズクの組織採取・培養も始まっている。
復元にはクローン技術を用いることを想定しているようです。 もちろん絶滅させないことが最も大切なことなんでしょうが、こういうアプローチもまあ、ありなのかな。という印象ですね。
でも、将来的に絶滅した生物を復元して何の意味があるのか、倫理的にそれは許されるのかというあたりが議論の的になりそうですね。

精子の冷凍保存に関連して
体外受精は冷凍精子で十分--新鮮精子と成績は同じ [日経ヘルス]

サンフランシスコでこのほど開かれた「米泌尿器科学会」で、冷凍精子を使った体外受精は、新鮮精子の場合と妊娠率などはほぼ同じであることが判明した、との報告があった。
この場合では「妊娠率、赤ちゃんの誕生率」を比較しています。 冷凍精子でも変化がないようです。 クローンの場合ではどうなんでしょうかね。

|

« 飲むだけで痩せる薬 | Main | アメリカ人の3分の1はジャンクフード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/701736

Listed below are links to weblogs that reference 絶滅危惧種をタイムカプセルに:

« 飲むだけで痩せる薬 | Main | アメリカ人の3分の1はジャンクフード »