« 牛のふん尿を燃料電池の水素源に | Main | 自分用レシピでサプリメントを摂ろう »

バナナはアレルギー原因に入りますか?

アレルギー表示拡大を議論 バナナなど、食品合同会議 [Yahoo!]

アレルギーの原因物質を含む加工食品の表示制度を見直している厚生労働、農水両省の合同有識者会議が23日開かれる。表示を奨励する品目にバナナなどを追加することや、患者により分かりやすい表示にするのがテーマで、見直しは2001年4月の制度スタート以来初めて。
厚労省は最近の食物アレルギーの全国調査などでショック症状の報告が多かったバナナ、ゴマを新たに表示奨励品目にするかどうかを合同会議に諮った。
現在食品衛生法で表示が義務づけられているのは「小麦、そば、卵、乳、落花生」の5品目。 推奨されている食品は「あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン」の19品目ということです。
結構ありますね。 そこにバナナとゴマが加わるのかな。 アーモンドなどのナッツ類やカキなどの貝類も考えた方が良さそうな気がしますが。 これから増えていくのかな。 最近では「卵を用いた菓子を同じ機械で作製しています」といった表示も目につくようになってきているので、食品衛生法を拡大した各社の判断による表示が増えてきているんでしょうね。

|

« 牛のふん尿を燃料電池の水素源に | Main | 自分用レシピでサプリメントを摂ろう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/824979

Listed below are links to weblogs that reference バナナはアレルギー原因に入りますか?:

« 牛のふん尿を燃料電池の水素源に | Main | 自分用レシピでサプリメントを摂ろう »