« 筋肉量2倍の赤ちゃん | Main | ひまわりディーゼル油を実用化 »

世界最小の燃料電池

東芝が「世界最小」の燃料電池を開発、2005年に携帯機器へ搭載 [nikkeibp.jp]

外形寸法は22mm×56mm×9.1mm(最薄部は4.5mm)で、重さは8.5gと軽い。メタノールを燃料電池の燃料極に直接供給する「ダイレクト・メタノール方式」で、濃度100%のメタノールを燃料とする。
内蔵タンクには2mlのメタノールを納めることができるそうです。 この量で携帯型音楽プレーヤなら20時間再生可能って十分実用的ですよね。 しかもメタノールを供給すれば充電いらずなわけですから。
携帯電話の燃料電池かが進めば、通話やパケット通信で一気に電池消費することも気にせずに定額通信でガンガンパケットとばせますね! 2005年ってもう来年か! たのしみ~。

|

« 筋肉量2倍の赤ちゃん | Main | ひまわりディーゼル油を実用化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/842210

Listed below are links to weblogs that reference 世界最小の燃料電池:

» Nokia社、燃料電池を搭載したヘッドセットを100台試作 [スゴログ(ITニュースブログ)]
フィンランドNokia社は、Bluetooth対応携帯電話機向けヘッドセットに燃料電池を搭載した試作品を公開した。東芝が先日公開した燃料電池と同じように、メタノ... [Read More]

Tracked on July 01, 2004 at 01:01 PM

« 筋肉量2倍の赤ちゃん | Main | ひまわりディーゼル油を実用化 »