« 世界最小の燃料電池 | Main | 不法投棄現場で染色体異常が »

ひまわりディーゼル油を実用化

ヒマワリからディーゼル燃料 筑波大発ベンチャー、夢の技術実用化 [FujiSankei Business i.]

バイオディーゼル油は、気温が低いと凝固しやすいのが弱点で、軽油と混ぜて使うのが通例だった。
しかし、松村教授が、植物を原料に流動点を零下30度まで下げる添加剤の開発に世界で初めて成功し、100%植物からできるディーゼル燃料を可能にした。タイ北東部に60万ヘクタールの栽培用地も確保できたことから、事業化に踏み切った。
ひまわりから取れたバイオディーゼル油は排ガス中に硫黄酸化物がなく、窒素酸化物も少ないのが特徴。 軽油より約10円高い1リットル85円程度での販売を考えているそうです。 日本ではトラック運搬が多いですからバイオディーゼル油で走るようになったら大気汚染をある程度改善出来るかも知れないですね。 大きな運送系企業はすぐに取り入れそうだし。 肝心の走り心地は変わらないのかな?

|

« 世界最小の燃料電池 | Main | 不法投棄現場で染色体異常が »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/842322

Listed below are links to weblogs that reference ひまわりディーゼル油を実用化:

« 世界最小の燃料電池 | Main | 不法投棄現場で染色体異常が »