« 遺伝子組み換えナタネが自生 | Main | 鼻から胃カメラ »

鳥インフルエンザの進化方向

鳥インフルエンザの毒性、年々強まる…米中専門家分析 [読売]

1999年から2002年にかけて、中国南部のアヒルからH5N1ウイルス計21株を分離。ウイルスをマウスや鶏に感染させる実験を行った結果、99年と2000年のウイルスよりも01年と02年のウイルスの方が高い病原性を持っていた。02年に採取されたウイルスは、6株のうち3株が致死性の高い「強毒型」だった。
具体的には99年のウイルスではマウスに対して肺にしか感染しなかったのが、02年の強毒型ではや腎臓など全身に感染が広がり、早い段階で死に至ることがわかったそうです。
なぜウイルスの毒性が強くなっていくんでしょうね? そういう進化の方向性を決めているものはなんでしょうか?

|

« 遺伝子組み換えナタネが自生 | Main | 鼻から胃カメラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/871995

Listed below are links to weblogs that reference 鳥インフルエンザの進化方向:

« 遺伝子組み換えナタネが自生 | Main | 鼻から胃カメラ »