« Xp SP2でサイト書き換えの必要性 | Main | 3人に1人が何らかのアレルギー持ち »

ハッブル宇宙望遠鏡延命作戦

NASA、ロボットによるハッブル宇宙望遠鏡の補修について提案を募集 [WIRED NEWS]

一時は引退かと危ぶまれた『ハッブル宇宙望遠鏡』をロボットによって救えるかもしれない、と米航空宇宙局(NASA)のショーン・オキーフ局長は1日(米国時間)、デンバーで開催されている天文学関連の重要な会合で述べた。
2007年から2008年くらいに電源切れになることが予測されているハッブル宇宙望遠鏡は、電源切れのまま宇宙のゴミとなることが発表されていましたが、ロボットによる補修が提案され、電源切れを回避できる可能性が出てきました。
地上にも多くの高精度な望遠鏡が稼働したり建設されたりしていますが、やっぱり地球の大気の外から宇宙を見つめるというロマンを捨てて欲しくないですね! がんばれハッブルさん! (なんか間違ってる?

|

« Xp SP2でサイト書き換えの必要性 | Main | 3人に1人が何らかのアレルギー持ち »

Comments

Hello Everyone! I like watching BBC Football online.

Posted by: football | April 12, 2011 at 09:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/707959

Listed below are links to weblogs that reference ハッブル宇宙望遠鏡延命作戦:

» 天文ニュース/5月28日~6月4日 [宇宙・天文サイト『 A SPACE AGE 』]
 おはようございます、テルテルです。  今回は、興味を引くニュースが満載ですよ。 [Read More]

Tracked on June 05, 2004 at 08:16 AM

« Xp SP2でサイト書き換えの必要性 | Main | 3人に1人が何らかのアレルギー持ち »