« 匂いと記憶の関係は分子レベルか | Main | 40歳を境に遺伝子の活性が変化している »

プロは高次の認知を行っている

プロのリズム感覚、脳に違い [Yahoo!]

特定の音楽を一小節だけ聞かせ、続けてリズムや音色、音の高さなどを微妙に変化させて違いを聞き分けさせる実験を行い、通常の約2倍の感度のMRIで参加者の脳の各部位の血流量を測って、どの部分が活発になるかを調べた。
その結果、リズムの聞き分けでは、一般人が聴覚を担う側頭部が主に働いたのに対し、プロでは、思考や感情などより高次の働きを担う脳の前部もよく使われていた。
訓練を繰り返すことで表層的に感覚器で捉えるだけではなく、思考や感情とリンクさせて捉えることを可能にしているという実験結果。
今回の実験では音楽でしたが、特に音楽に限ったことではなくその人が得意とする分野・専門分野などに関連するキーワードや図などを見たとき、聞いたときに高次の認知を行っているのではないかと思います。 単に視覚的・聴覚的に捉えるだけではない、シンボル以外の意味(シンボルから誘起されるイメージ?)がそこに存在するようになることがあると思いますね。

|

« 匂いと記憶の関係は分子レベルか | Main | 40歳を境に遺伝子の活性が変化している »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/759857

Listed below are links to weblogs that reference プロは高次の認知を行っている:

« 匂いと記憶の関係は分子レベルか | Main | 40歳を境に遺伝子の活性が変化している »