« コンドームに発ガン性物質 | Main | 隠れ貧血にご注意 »

タンパク質の機能を改変する

発がん性ベンゼン、常温分解する人工酵素を開発 [読売]

人工酵素は、筋肉中の「ミオグロビン」というたんぱく質の分子内にある鉄の分子と別の金属分子を結合させたり、鉄の分子をマンガンやクロムなどの金属分子に置き換えたりしたもの。
ミオグロビン中の鉄分子をマンガンやクロムに変えることでベンゼンをフェノールに分解するようになることがわかったという報告です。
ミオグロビンは分子内に鉄分子を持っていて酸素分子の運搬を行うタンパク質です。 酸素に比べるとベンゼンは大きい分子なので、ちょっと驚きました。 このようにタンパク質を改造して、ターゲット分子を変更するような研究が盛んに行われていると思います。 最も力を入れているのは薬屋さんで、「ドラッグデザイン」がひとつの分野になるほどです。 これからの研究成果に期待していきたい分野です。

|

« コンドームに発ガン性物質 | Main | 隠れ貧血にご注意 »

Comments

Fine way of explaining, and good piece of writing to obtain information about my presentation subject, which i am going to deliver in institution of higher education.

Posted by: 22 Led Tv | November 28, 2014 at 02:38 PM

I absolutely love your blog.. Pleasant colors & theme. Did yyou deelop this sitfe yourself? Pleaase reply back as I'm hoping to create my own personal site and would like to knmow where you got this from or just what the theme is named. Kudos!

Posted by: www.coc-gifhorn.de | March 30, 2015 at 07:20 PM

Peculiar article, totally what I was looking for.

Posted by: najbolje stomatoloske ordinacije beograd | April 06, 2015 at 03:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/812487

Listed below are links to weblogs that reference タンパク質の機能を改変する:

« コンドームに発ガン性物質 | Main | 隠れ貧血にご注意 »