« 体内での薬の量を測る技術 | Main | 高タンパク質ダイエットが不妊の原因に!? »

青いバラとうとうできた

遺伝子組み換えで「青いバラ」 サントリーなど開発 [asahi.com]

花の青い色は主にデルフィニジンという色素による。しかし、バラには赤や黄の色素はあっても、この色素はない。
両社は、青い花が咲くパンジーからデルフィニジン合成に必要な遺伝子(青色遺伝子)を取り出して導入しようと研究。色素がほぼすべてデルフィニジンというバラを誕生させた。
従来の交配育種による品種改良では決してできることがなかった「青いバラ」が遺伝子操作の技術を使って実現されました。 色素を全部青にしてしまったわけですから青になるのは当たり前で、いってみれば反則っぽい。 でも遺伝子技術のメリットが前面に出た素晴らしい成果だと思います。 このバラはまだ薄紫っぽいのでより改良を施して真っ青になること期待したいですね。

|

« 体内での薬の量を測る技術 | Main | 高タンパク質ダイエットが不妊の原因に!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/887803

Listed below are links to weblogs that reference 青いバラとうとうできた:

« 体内での薬の量を測る技術 | Main | 高タンパク質ダイエットが不妊の原因に!? »