« 金ぴかカジカ新種だった | Main | 鳥インフルエンザ未だ健在 »

世界最小最軽量のサカナ

世界最小の魚種を発見 豪博物館、長さ7ミリ [Yahoo!]

この魚はスタウト・インファントフィッシュで、成魚の重さは1ミリグラム。体長はオスが最大7ミリメートル、メスは8・4ミリメートル。AP通信によると、これまで確認された世界最小の脊椎動物はドウォーフ・ゴビーフィッシュという魚で、オスは体長8・6ミリメートル、メスは8・9ミリメートルとされていた。
元記事の画像を見ると赤っぽいシラスみたいに見えますが、コレで成魚なんですね。 7mmってことで実際に人の指と比べるとこんな感じ
1ヶ月で成魚になるそうですが、生存期間も2ヶ月と非常に短いんですね。 サカナの具体的な寿命ってあんまり聞いたことはないけど、非常に短い部類であることはまちがいないとおもいます。

|

« 金ぴかカジカ新種だった | Main | 鳥インフルエンザ未だ健在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/925414

Listed below are links to weblogs that reference 世界最小最軽量のサカナ:

« 金ぴかカジカ新種だった | Main | 鳥インフルエンザ未だ健在 »