« 東洋医学のデータベース | Main | 日本人は生まれつき近眼になりやすいわけじゃない »

歯の銀行

歯の銀行:抜いた歯の凍結・再利用 広島大が実用化に成功 [MSN-Mainichi]

老後に向け歯を“貯蓄”してみては? 親知らずなど抜いた歯を冷凍保存し、加工して再利用する全国初の「ティースバンク(歯の銀行)」を、広島大大学院の丹根一夫教授(歯科矯正学)のグループが始めた。抜歯は医療廃棄物になるケースがほとんどだが、患者から「もったいない」という声が多いことから研究に着手し、実用化に成功。自分の歯だけに人工の入れ歯より違和感はなく、評判も上々。「全国展開も」と期待が広がっている。
老後に備えて歯を保存しておいて自分の歯を入れ歯として用いようという計画です。云われてみれば何故今まで無かったのかという感じなのですが、単に歯を置いておくと歯茎との間でクッションの役割を果たしている「歯根膜」が死んでしまうため、保存が困難でした。 この保存方法と復元方法が確立したために「歯の銀行」ができるようになったという報告です。
40年間の保存代として3万円、治療費まで含めると13万円と保険が適用されないため高くつきますが、セラミクスなど保険適用外の材質を用いた場合を考えたら割安かも知れませんね。まだまだこれからの技術ですので今後の展開に期待ですね。

|

« 東洋医学のデータベース | Main | 日本人は生まれつき近眼になりやすいわけじゃない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/930515

Listed below are links to weblogs that reference 歯の銀行:

« 東洋医学のデータベース | Main | 日本人は生まれつき近眼になりやすいわけじゃない »