« 手術で治る痴呆症がある | Main | クッキーとビスケットの違いとその語源 »

毛細血管マップをデザインする

毛細血管網:印刷技術応用し再生成功 東京医科歯科大など [MSN-Mainichi]

印刷技術を応用して人体の毛細血管網の「設計図」を作り、その通りに血管網を再生させる研究に成功したと発表した。毛細血管網の再生に成功した例はなく、将来、痛んだ臓器を回復させる再生医療などに応用できるという。
基板上に印刷したマップどおりに血管の元になる血管内皮細胞を流し込み、それを培養細胞に転写することで基板上に作成したマップどおりに毛細血管網を作ることに成功したという報告です。
これまで毛細血管網の再生をした例はなく再生医療の前進に期待されますが、まだまだ再生効率が実用レベルではないようです。心筋梗塞など局所的な血管の再生が必要となる疾患の治療に用いられることが期待されているようです。
この技術では毛細血管を自由にデザインして再生することが可能になるので、より効率的な血流を提供できるようなデザインの研究がなされていくことになるのかな?

|

« 手術で治る痴呆症がある | Main | クッキーとビスケットの違いとその語源 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/953969

Listed below are links to weblogs that reference 毛細血管マップをデザインする:

« 手術で治る痴呆症がある | Main | クッキーとビスケットの違いとその語源 »