« 水流の速さがメダカにストレスを | Main | 卵子の形成は胎児の時だけじゃない »

受精卵診断、筋ジストロフィーについて認められる

筋ジス遺伝防止で受精卵診断を初承認 日産婦倫理委 [Yahoo!]

受精卵診断は国内では、神戸市の産婦人科医が同学会の承認を得ずに男女産み分けなどを目的にした例があるが、学会が実施を認めたのは初めて。同診断には「命の選別につながる」との批判もあり論議を呼びそうだ。
受精卵診断は、体外受精させた受精卵の遺伝子を調べ、遺伝病の有無を判定する。正常な受精卵だけを子宮に戻すことで、遺伝病を持つ子供が生まれるのを防ぐことができる。
男女の産みわけを行ったなどとして話題になった受精卵診断をデュシェンヌ型筋ジストロフィーの原因がある遺伝子変異が母親にある場合に認められたと云うことです。
受精卵診断は命の選別になるという批判があり、倫理的に認められていなかったわけですが今回初めての例として特定の筋ジストロフィー病の遺伝を防止するという場合にのみ行うことが認められたと云うことです。それでもこの遺伝疾患も遺伝子治療という方法で治療できる可能性があるため、しっかりとした理解を両親に施した上での医師との相談が重要になりそうですね。

|

« 水流の速さがメダカにストレスを | Main | 卵子の形成は胎児の時だけじゃない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/968085

Listed below are links to weblogs that reference 受精卵診断、筋ジストロフィーについて認められる:

« 水流の速さがメダカにストレスを | Main | 卵子の形成は胎児の時だけじゃない »