« 小学生の10%以上が抑うつ傾向 | Main | サボテンが二日酔いに効く! »

肥満じゃなくても睡眠時無呼吸症候群に

「馬面」「小あご」ご用心、睡眠時無呼吸症候群で研究 [asahi.com]

肥満の人は睡眠時に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりやすいとされるが、日本人は肥満でなくても「馬面」で「小あご」だと要注意――。患者の顔を分析した東邦大学呼吸器内科とカナダ・マニトバ大学の共同研究で、特徴が明らかになった。骨格に制限され、気道がふさがりやすいらしい。
SASの患者は欧米ではほとんど肥満であるにも拘わらず、日本人ではSAS患者の約3割が肥満ではないという事実に基づく調査結果です。
非肥満のSAS患者の特徴は「眉毛から口までの間隔が長く、あごが小さく引っ込んでいる」というもので当てはまる方は要注意。

|

« 小学生の10%以上が抑うつ傾向 | Main | サボテンが二日酔いに効く! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/888027

Listed below are links to weblogs that reference 肥満じゃなくても睡眠時無呼吸症候群に:

« 小学生の10%以上が抑うつ傾向 | Main | サボテンが二日酔いに効く! »