« 量子暗号通信を支える技術の開発 | Main | 幹細胞が特定の細胞に分化する鍵 »

発展途上国が喫煙大国になる未来

タバコによる健康への悪影響が途上国で増加の見込み [日経ヘルス]

途上国では、医師らのヘルスプロフェッショナルも喫煙の害について認識がなく、タバコ産業のプロモーションもまだ盛んで、喫煙率が増える傾向にあるという。すでに、1995年の時点で、世界の喫煙者の82%が途上国の住人で、健康への悪影響が知られていないため、深刻さが増していると警鐘を鳴らしている。
2030年にはタバコの害による死者が発展途上国を中心に700万人に上るようになるという試算が発表されました。2030年に喫煙者の何%が発展途上国の方になるんでしょうか? 絶対に先進国での喫煙者がゼロになることはありませんが、それに近づいていくことは間違いなさそうな風潮だからなぁ。

|

« 量子暗号通信を支える技術の開発 | Main | 幹細胞が特定の細胞に分化する鍵 »

Comments

Terrific work! This is the kind of information that are meant to be shared around the web. Disgrace on the search engines for now not positioning this put up higher! Come on over and talk over with my site . Thank you =)

Posted by: sbobet thaiomotion | November 21, 2014 at 03:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/975180

Listed below are links to weblogs that reference 発展途上国が喫煙大国になる未来:

« 量子暗号通信を支える技術の開発 | Main | 幹細胞が特定の細胞に分化する鍵 »