« ビタミンCとEが脂肪の酸化を抑制する | Main | ナノ微粒子で10歳若返る!? »

ホルモンで食欲回復

ホルモン投与で食欲改善治療・京大が臨床試験 [日経health]

病気などで食欲が出ない患者に、食欲増進効果のあるホルモン「グレリン」を薬として投与する臨床試験を始めたと発表した。食欲が改善するかどうかを食事のカロリー量や体重、各種ホルモンの測定結果から判断する。
胃で発見されたグレリンというホルモンを投与することで、食欲が改善するかどうかの臨床検査が始まったという報告。 元々ヒトが持っているホルモンで、しかも胃で働いていると云うことなので副作用が少ないことが期待されますね。 食欲がないときにはグレリン濃度が低下するって云う実験結果はないのかな?

|

« ビタミンCとEが脂肪の酸化を抑制する | Main | ナノ微粒子で10歳若返る!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/993972

Listed below are links to weblogs that reference ホルモンで食欲回復:

« ビタミンCとEが脂肪の酸化を抑制する | Main | ナノ微粒子で10歳若返る!? »