« ピアノでスーパーマリオ演奏 | Main | マインスイーパを驚く速度でクリアする »

ウサギは自分のフンを食べる

なぜ牛は草だけ食べて生きていけるの? [ミルクの館『牛乳に関する豆知識』]

最もたいせつなことは、微生物の菌体蛋白質は栄養的にも優れていることである。第一胃で生活している微生物の一部は、つねに草といっしょに第二胃以下に送られ消化される。牛はこの菌体蛋白質を胃や小腸で分解し、蛋白質源として利用している。
ここに牛が草を食べて生活できる秘密がある。もし人為的に第一胃から微生物を取り除くと牛は草を消化できなくなる。
草食動物が草だけ食べてあれだけの大きな体をなんで維持できるのかという素朴な疑問についてちょっと調べてみました。

牛の胃が4つあること、一回食べた草を反芻することは非常に有名ですが、このどちらも微生物によって草の主成分であるセルロースを効率よく分解するための仕組み。 第一胃で微生物によるセルロースの分解が行われ、酪酸をはじめとする脂肪酸とアンモニアや尿素などの窒素化合物にしてしまうんですね。 このため第一胃は通常の胃と異なって中性に近いものになっています。

他の草食動物はどうかというと、ウマなどは胃が1つしかなくその代わりに盲腸が発達しています。ウマの盲腸は1mもあって、微生物が共生しています。 牛の第一胃のような環境なんですね。しかし、盲腸と第一胃では分解後の吸収率に大きく違いが生じてしまいます。ウマの方が排泄までの時間が短いため、効率が悪いんですね。

ウマと同じ仕組みを持っていながら、効率の悪さをカバーしているのがウサギです。
ウサギは吸収出来なかった栄養分をふんだんに含んでいる自分のフンを食べるという冒険を行って、それを習性として残すことに成功しました。 最初にウニ食ったヤツはすげーなーとか良く云いますが、アレと同じですね。 ウサギ界では英雄です、祖先様。

といっても、よく見るコロコロとしたフンを食べるわけではなく、緑色で液状のフンが食用。 体を丸めて肛門に口をつけ、モグモグしてたらフンを食べてる真っ最中なのでそっとしておいてあげて下さいね。

参考
牛情報-いいちく技術学術情報-酪酸の科学
馬とヒツジ
うさぎの生理学

|

« ピアノでスーパーマリオ演奏 | Main | マインスイーパを驚く速度でクリアする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/997126

Listed below are links to weblogs that reference ウサギは自分のフンを食べる:

« ピアノでスーパーマリオ演奏 | Main | マインスイーパを驚く速度でクリアする »