« ビタミンなど健康に関わる成分のデータベース | Main | ビタミンK2で肝ガンを予防 »

健康食品を併用しても意味がない

食べ合わせても無意味?・健康食品併用の効果調査 [日経health]

「脂肪がつきにくいとうたう健康食品を組み合わせて食べると、効果が上がるか」。同じような効果を持つ特定保健用食品2種類を食べても、組み合わせによっては相乗効果が出ないケースがあることが21日までに、厚生労働省研究班(主任研究員・斎藤衛郎国立健康・栄養研究所部長)の研究で分かった。
体脂肪が付きにくい成分を持つ食用油、コレステロールの排せつを促進する豆乳、脂肪が付きにくいとうたう「カテキンを含む緑茶」の3つを相殺すると云われている成分を含む食品と、上記の3つのウチ2つを併用して検査をした結果。
欲張ってもダメ。って報告ですね。 効果のある物質は違っても最終的に体内で作用するポイントが同じってことかな? その辺まで追跡した調査結果を知りたいな。

|

« ビタミンなど健康に関わる成分のデータベース | Main | ビタミンK2で肝ガンを予防 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/1022765

Listed below are links to weblogs that reference 健康食品を併用しても意味がない:

« ビタミンなど健康に関わる成分のデータベース | Main | ビタミンK2で肝ガンを予防 »