« 携帯電話を使って病院にデータ送信 | Main | ゴリラのココ、ジェスチャで虫歯を知らせる »

卵巣の大きさであと何年妊娠出来るかわかる

卵巣の検査で、あと何年子どもを生めるかわかる [日経ヘルス]

卵巣のサイズと卵胞の数との数学的な相関関係を調べた。卵子のもとになっている卵胞が、卵巣の中にどれほど残っているか、その数はサイズである程度わかる。従来から、推定は可能だといわれていたが、実際に数式で残りの生殖期間がわかるような研究がなされたのは初めて。
卵巣の中に卵子の元になる細胞がどの程度残っているか卵巣のサイズからある程度推定出来ることがわかったという報告です。 卵胞は卵子の元になりますが、1回の排卵で15~20個の卵胞が成熟してその中から1つないしは2つが選択され、最終的な成熟卵胞(Graaf卵胞)にまで成長することになります。 このとき最初に成熟する数がまちまちなので、確実に後何回排卵出来るということをいうのは無理そうですね。 そもそもサイズから推定した卵胞の数がだいたいこのくらいという程度でしょうし。 推定誤差として2~3年でるのかも知れません。
また、「卵子の形成は胎児の時だけじゃない」という最近の報告もあるので、卵胞の数から排卵の回数を単純に計算できるという理論がそもそも怪しいかも知れませんね。 この記事の中に出てくる減数分裂は「第一減数分裂」と呼ばれている胎児の頃に行われる卵母細胞の形成です。 この卵母細胞を卵胞上皮細胞という細胞が取り巻いて原始卵胞が形成されます。

|

« 携帯電話を使って病院にデータ送信 | Main | ゴリラのココ、ジェスチャで虫歯を知らせる »

Comments

I do believe all of the ideas you have introduced for your post. They are really convincing and can definitely work. Nonetheless, the posts are too short for starters. Could you please lengthen them a bit from next time? Thank you for the post.

Posted by: best ab machine | September 11, 2014 at 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10058/1162933

Listed below are links to weblogs that reference 卵巣の大きさであと何年妊娠出来るかわかる:

» Tramadol. [Tramadol hcl.]
Tramadol 180. Tramadol hydrochloride. Tramadol. Tramadol for dogs. [Read More]

Tracked on August 02, 2007 at 06:51 AM

« 携帯電話を使って病院にデータ送信 | Main | ゴリラのココ、ジェスチャで虫歯を知らせる »