« July 4, 2004 - July 10, 2004 | Main | July 18, 2004 - July 24, 2004 »

プール熱大流行は簡易検査キットが引き起こした!?

「プール熱大流行」の謎、簡易検査キット普及が影響? [Yahoo!]

アデノウイルスには50以上の型があり、プール熱の原因となるのはそのうちの5つの型だが、検査キットはウイルス感染の有無を調べるだけで、型までは分からない。東京・品川の「鈴の木こどもクリニック」では今年5月の1か月で、検査キットで陽性になったのは6人だが、最終的にプール熱と診断したのは2人だった。
簡易検査キットが調べることができるのはアデノウイルスに感染しているかどうかだけであって、そのウイルスが本当にプール熱を引き起こすものかどうかということまではわからないそうです。 そのためキットで検査しただけでプール熱だと診断された場合でも、プール熱を引き起こさないアデノウイルスに感染していることも十分に考えられるということです。つまり、プール熱という診断結果が水増しされている可能性があり、この夏の大流行自体が水増しされた可能性があるのではないかという指摘です。
プール熱と診断されると治るまで学校などに行けなくなるので、簡易キットではないきちんとした検査を受けたほうが良さそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

修士以上だと授業が魅力的なのか?

理科・数学の先生、修士以上…文科省審議会が提言 [読売]

内閣府の世論調査(今年1―2月)によると、科学技術のニュースや話題に関心がある人は52・7%。年齢別では30歳未満が40・6%と最も低く、1981年に調査を始めて以来、過去最低となった。
このため、同委員会は「子供たちに、理科や数学を学ぶ楽しさを教えることが重要」と指摘。理数教科の教員は理工系の大学院で学び、高い専門性と最新の知識に裏打ちされた、魅力ある授業を展開すべきだとした。
科学技術に関する興味が低下しているという事実を受けて、この傾向を断ち切るために小中高での理数教科の教員を全て専門性の高い知識を持ったヒトにしようと云う提言です。
確かに科学技術の話題に無関心になっていくことは非常に残念で、工業立国である日本にとって重大な問題だと思います。興味を持ってもらうためにはやはり第一印象が重要で、科学との出会いは日々の生活や学校なわけですから、それを受け止めるだけの懐を持った先生が必要であることはわかります。
しかし、それを一義的に「修士以上」とすることには違和感を感じざるをえないのです。 それならば、これまで通りに採用して、着任後に専門の教科に関する知識をチェックするようなシステムを作って5年に1回でも教員免許の更新を必要とするようにした方がずっと効果的だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

室内でも熱中症に注意

屋内でも熱中症にご注意 約3割が安静中に発症 [Yahoo!]

熱中症患者の約3割が、屋内などで安静にしている時に発症していたことが、日本神経救急学会と東京都医師会の17日までの調査で分かった。
安静時に発症した人の約4割は70歳以上と、お年寄りが多かった。同学会世話人代表の有賀徹昭和大教授(救急医学)は「寝ている間に発症して亡くなることもある。体温調整機能の低下した高齢者は特に、エアコンや扇風機をつけ、水分を十分取ってほしい」と呼び掛けている。
体温調整機能が低下している方は家の中にいるからといって安心せず、室内の温度調整とこまめな水分補給を行った方が良いと云うことですね。 先日取り上げた「熱中症予防に漬け物」を参考にしてお漬け物でも食べながら涼しいお部屋でのんびりというのがよいのかも知れないですね。 もちろんきちんと管理すれば外に出ても問題ないですが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブラジャーを着けているような香り

ブラの着け心地、香りで体験 ワコールがアロマを開発 [FujiSankei Business i. on the Web]

ワコール(京都市南区)は15日、ブラジャーを着けなくても着用時の感覚を疑似体験できる天然香料(アロマ)を開発したと発表した。ブラジャーを着用したときに出てくる「柔らかい」とか「気持ちいい」といった感覚的な言葉が、香りをかいだときに出てくる言葉と似ていることに注目。香りと着けごこちの相関関係を研究してきた成果だという。
付け心地を疑似体験出来る香りの開発に成功したという発表です。 まあ、付けたこと無いから疑似体験も何もあったもんじゃないんですが、嗅いでみたいですねー(笑)
しかし、女性がこの香りを嗅ぐのと実際に身につけるのとでどのくらいギャップがあるのか、またはないのか知りたいですね。 すごく興味あるなー。これ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カルニチンで精子の運動が活発に

カルニチンで精子が元気になる! 精子無力症患者30人中4人で、おめでた [MedWave]

カルニチン摂取群では、精子の濃度、前進運動率、トータルの運動率、の全てがプラセボ群より良くなった。特に、試験開始時の精子の活動度が悪かった人たちで、顕著な改善がみられた。また、試験期間中にカルニチン摂取群の4人のパートナーが、自然妊娠したという。
カルニチンは脂肪燃焼を助けると云うことでダイエットサプリメントとして注目されていますが、このLカルニチンとその代謝物であるアセチルLカルニチンを同時に取ると精子の運動が活発になるという報告です。
カルニチンのダイエット効果は脂肪をミトコンドリアに運ぶことを助けることに由来しているんですが、このことによって細胞内のミトコンドリアの活性が高まって、ミトコンドリアを燃料タンクのようにして使う精子の運動活性が高まるという仕組みのようです。
ダイエット効果だけでなく、不妊症の解消にもなることがわかって精子の運動性が低下している現代人には夢のサプリメントに一気に昇格するかも知れませんね。 ってそりゃ無理か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紫外線の眼への影響

紫外線の目への悪影響、意識低い――J&J調査 [日経health]

回答者の99.5%が「紫外線の人体への悪影響を知っている」と答えた。「日常生活で紫外線が気になる」との回答も83.7%だった。
「皮膚がん」や「しみ、そばかす」など皮膚への影響の認知度は74.9%と高かった。一方、「白内障」(29.3%)や「雪眼」(17.4%)など目への影響の認知度は低く、特に、62.7%が「目への影響を実感したことが無い」と回答した。
雪眼は直接的なのでわかりやすいんですが、白内障も紫外線が原因でなることがあるので日頃から注意が必要ですね。 サングラスでなくてもUVカットレンズであれば良いので紫外線の強い季節はメガネをかけた方がよいかも知れませんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニューヨークタイムズの記事はGoogleで上位に来ない

『Google』で検索できない『ニューヨーク・タイムズ・コム』の問題点 [WIRED NEWS]

絶大な権威を誇る『ニューヨーク・タイムズ』紙は、「米国の高級紙」(America's paper of record)を自負している。だがサイバースペースでは、同紙の記録(record)はどういうわけか頼りない。何しろ、そのオンライン版である『ニューヨーク・タイムズ・コム』の記事は、『Google』(グーグル)の検索結果にはほとんど表示されないのだ。
ニューヨーク・タイムズでは掲載後1週間以上経過した記事はアーカイブとして保管され、この記事を読むためには1つについて3ドル支払わないと行けないようになっているそうです。 このため参照されることが少なく、たとえサーチエンジンのクローラがたどり着いても決して検索結果の上位に入ることがないというのがこの理由だそうです。
この記事では現状と逆に最新の記事を新聞と同程度(1ドルくらい)で販売して、アーカイブを自由に閲覧させるべきなのではないかと論じています。このアーカイブは1996年以降の記事全ての画像などがきちんと保存されているのはもちろんのこと、動画なども必要に応じて導入されているような非常に高品質なものだそうです。
権威ある新聞のアーカイブを自由に取り扱えるようにすることが、新聞社にとって後々のメリットにも繋がるんじゃないかと思います。別にウチらのようなサイト管理者に媚びを売れというわけではなく、ネットワークとの親和性を高めておく方が有利なのではないかと感じます。 現状、日本の新聞社で5年以上前の記事をオンラインで持っているトコロって殆ど無いと思うんですが、あったらどれだけ有効か。社説だけでも良いから残して欲しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒板をひっかく音が厭なのはサルだった頃の名残り!?

黒板を引っかいた時のイヤな音の正体は

この音を音響学的に研究した人によると、90%以上の人が本能的に不快感を覚える音だと言う。
なぜ、この黒板やガラスを引っかく音は、不快にさせるのだろうか?
この音響を分析した結果、面白いことが分かった。
と言うのは、これが驚くべき事に、人間の祖先である猿の一種マカクゾルが危険を仲間に伝達する際に発する叫び声の声紋と、寸分の狂いもなく一致するのだ。
研究チームは、人間がまだ猿だった頃の遠い記憶が、黒板やガラスをひっかく音で甦るのではないか、との仮説を立てている。
黒板をひっかく音はもう生理的に許せないとしか云いようがないほど厭なものですが、この説が正しいとすると進化の過程で獲得した性質がシグナルとして「あの音」を受け取って結果的に嫌悪感として感じているということができそうです。

危険を伝達する音が嫌悪感を呼び出すというのを「逃げ出したくなる=危険の回避」と考えれば納得出来そうです。 でもちょっと眉唾な感じのする説であることも否めませんね(笑)

文献も探してみたんですがありませんでした。 マカクゾルっていうサルもそのままでは出てこなかったんですね。
で、マカクっていう部分に注目するとこれはおそらく“macaque”でこれは霊長目の分類のひとつオナガザル科のマカク属のサルであることを示しています。属名だとmacacaですね。マカクゾルがマカク属のサルだとすると分類上はニホンザルと同じ属に入るサルでヒトとの分岐はだいぶん前にまで遡ることになります。

ヒトから遡っていくと「ヒト科→ヒト上科→狭鼻下目」と目のレベルまで上がっていってはじめて出会えるんですね(変な表現ですが)。 ちなみにチンパンジーやテナガザルとは「ヒト上科」のところでヒトと分岐しています。 このことからもちょっと危険を伝達するシグナルが残っているっていうのは強引かな? と。 もちろん狭鼻下目以下のサルがみんな黒板を引っ掻く音に対して非常に敏感に反応するなら問題ないわけですが。 誰か実験してくれないかな。

参考:
試験に出ない動物英単語 哺乳綱霊長目編
霊長類の誕生

| | Comments (1) | TrackBack (0)

イヌゲノムドラフト配列公開

Researchers release dog genome [The Australian]
記事日本語訳:The Australian: Researchers release dog genome

イヌゲノムの解読がドラフトではありますが完了しました。 解析にはボクサー犬が用いられ、ゲノムサイズは25億塩基対だということです。 ボクサー犬は一般的な家庭犬のゲノムと99%一致する。これは60種のイヌの少しずつ異なるDNAから最も解析に適した犬種を探した結果だと云うことです。このことからゲノム解析にボクサー犬を用いたとのことです。

この情報はこれまでヒトが経験的に行ってきたブリーディングをより理論的なものにするだけではなく、遺伝病の蔓延などを効率的に回避することが可能になりそうですね。 健康なイヌとの楽しい生活が送れるように役に立つ情報になることが期待されます。

この場合の「最も適している」はボクサー犬がどの犬種からも比較的近い遺伝的位置にいるということだと思いますが、それがボクサー犬だというのは意外。 じゃあ、なんだったら納得するんだと云われると唸ってしまいますが(苦笑)

参考:
National Human Genome Research Institute - 2004 Advisory Dog Genome Assembled:NHGRI イヌゲノム解読報告
The Dog Genome Project:イヌゲノムプロジェクト
Entrez Genome view:イヌゲノムの染色体地図

| | Comments (60) | TrackBack (0)

ナッツが胆石を予防する

ナッツ好きの女性には胆石が少ない! 米国の大規模女性疫学研究から判明 [MedWave]

そこで研究グループは、年齢や体格指数(BMI)、産んだ子供の数や、各種脂肪酸の摂取量などでデータを補正した。すると、ナッツをほぼ毎日(週に5回以上)食べる人は、ほとんど食べない(月に1回未満)人より、胆嚢切除術を受けるリスクが22%低いことがわかった。
研究グループは、ナッツに含まれる様々な健康成分が、胆嚢を切除しなければならなくなるほどのひどい胆石症を防いだとみている。胆石が気になる人は、毎日の食事にナッツ類を取り入れてみてはいかがだろう。
ナッツに含まれる不飽和脂肪酸とビタミンEが胆石の原因となる血中コレステロールの軽減に役立っているのではないかと云うことです。
この調査では女性と云うことになっていますが、男性にも効果がありそうなので日頃の生活にナッツを取り入れてみるのは良いかも知れません。 もちろん食べ過ぎ注意ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新種コロナウイルス国内で確認

風邪起こすヒトコロナウイルス新種 患者から検出 仙台 [Yahoo!]

国立病院機構仙台医療センター(旧国立仙台病院)は14日までに、風邪などを引き起こすとされる、ヒトコロナウイルスの新種「NL63」を患者から検出した。「NL63」はオランダで今年1月、発見されたが、同国以外での検出は初めてで、世界中に存在する可能性が高まった。センターはさらに検体を採取してNL63の感染状況を調査し、症状の特定やウイルスの仕組みなどを研究する考えだ。
NL63はオランダでは軽い風邪を引き起こすことしか確認されていませんが、肺炎の患者からも発見されるなど、どの程度の症状を引き起こすのかもわかっていないと云うことです。 現状で感染経路も特定できておらず、ワクチンもない状況。 SARSのような毒性はなさそうなのでさほど心配する必要はありませんが、新種のコロナウイルスが発見され、どうも世界中に広まっているようだ。ということは知っておいた方がよいかも知れませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幹細胞が特定の細胞に分化する鍵

体性幹細胞は自分で変身 遺伝情報なしで、高い能力 [Yahoo!]

体性幹細胞は、血管など出合った細胞と融合し相手から受け取った遺伝情報をもとに、その細胞になるとの見方もあるが、今回の結果は自分で“変身”する高い能力を持つことを示すという。
これまで体性幹細胞がある特定の細胞に分化する際にはすでにその細胞に分化している細胞から遺伝情報を受け取っていることが云われていました。 しかし、今回の実験で遺伝情報が受け渡せない状況でも幹細胞が分化していくことがわかったという報告です。
何らかの低分子・もしくはホルモンが細胞間のシグナルになっていることが示唆されたのではないかと思います。 話を単純化してしまえば遺伝情報(染色体? DNA? RNA?)も一種のシグナルと捉えることができるわけで、シグナルとして遺伝情報を持つ物質である場合もそうではない場合もあるということなのかも知れません。 幹細胞には様々な種類がありますからいろいろな実験の結果が待たれますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発展途上国が喫煙大国になる未来

タバコによる健康への悪影響が途上国で増加の見込み [日経ヘルス]

途上国では、医師らのヘルスプロフェッショナルも喫煙の害について認識がなく、タバコ産業のプロモーションもまだ盛んで、喫煙率が増える傾向にあるという。すでに、1995年の時点で、世界の喫煙者の82%が途上国の住人で、健康への悪影響が知られていないため、深刻さが増していると警鐘を鳴らしている。
2030年にはタバコの害による死者が発展途上国を中心に700万人に上るようになるという試算が発表されました。2030年に喫煙者の何%が発展途上国の方になるんでしょうか? 絶対に先進国での喫煙者がゼロになることはありませんが、それに近づいていくことは間違いなさそうな風潮だからなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

量子暗号通信を支える技術の開発

光の粒1個ずつ発生、光通信波長帯で成功 東大グループ [asahi.com]

グループは半導体で高さ2~3ナノメートル(ナノは10億分の1)、直径20ナノメートルほどの量子ドットを作製。これを素子にし、光通信に使う1.3マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の赤外線の波長帯で光子一つずつを規則的に発生させることに成功した。
従来のレーザ光源を用いた光子の発生では空打ちや2つ発生してしまうなど精度に問題があったそうです。精度を高めるためには出力を弱める必要があり、通信速度を犠牲にしなくてはならなかったのですが、今回成功した技術によって出力を弱めることなく高精度での通信が可能になるということです。
量子暗号通信が2007年ごろに実用化されるめども立ち、通信界の将来を担う技術になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車にシッポを付けよう

「しっぽ」で挨拶? ワコーが自動車向けオモシログッズ [FujiSankei Business i. on the Web]

「サンクステイル」は、車を運転している人がしっぽを通して後ろを走る人に合図を送ったり、街を走りながら周りに様々な気持ちを発信して楽しむ、コミュニケーションのツールという位置付け。スイングするしっぽの部分には、犬やライオンといった動物のしっぽを模したカバーを着けることもできる。
車の屋根の部分に装着することができるシッポ型のアクセサリ。 内部からリモコンによる操作が可能で車同士でコミュニケーションを取るツール。
実際に使ってみたら面白いのかも知れないけど、ここで見てる分にはちょっと微妙かなあ。 子供は喜びそうだけどねー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

誤りを認める態度

ブラックホールめぐる理論は「誤り」=ホーキング博士、来週発表へ-英誌 [Yahoo!]

著名な宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士(62)が来週アイルランドで開かれる学会で、自らが打ち立てたブラックホールと情報の矛盾に関する理論は誤りだったと認めると報じた。
誤りがあるとわかったときにきちんと自分の理論の誤りを公の場で指摘出来るというのは、研究者として当然の姿であると思いますが、実際それをできるのは一流の研究者であるという自信があるんだと感じますね。
どのような誤りがあるのかわからないですが、この指摘によって科学がまた発展する方向へ向かうことは間違いがないはず。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

東京電力の電気予報

異様に完成度が高い東京電力の「でんき予報」 [彩雨]
Flashを使った動画でキャスターのお姉さんが当日もしくは前日の電力供給量、最大電力を教えてくれます。 また気候データなどから割り出した当日もしくは翌日の最大電力予報をしてくれます。
ホントに完成度が高くて驚き。 見る価値アリ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ペンギン乱獲の歴史

ペンギン哀史 [asahi.com]

このかわいいペンギンたちは、人間に出会ったばかりに、随分と不幸な目に遭ってきた。人類が南極に足を踏み入れた19世紀以来、各国探検隊は食料と燃料にするため、ペンギンを乱獲し続けてきたのである。
南極に人が踏み込み始めてから20世紀半ばまでペンギンをはじめとする南極に住む哺乳類が乱獲されていたという本当の話。
1957年に日本人としてはじめて南極大陸を訪れた第1次観測隊の食卓にもペンギンが並んでいたと云うことです。 ちょっと意外な話ですがよくよく考えてみると当然そうする時代だったのかも知れません。 いまなら考えられないことだと思いますが。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「後の祭り」は実際にある祭だった

後の祭り [心にレレレ]

京都・八坂神社の『祇園祭(7月17日~24日)』に由来するモノである.
『祇園祭』は,初日に「山鉾(やまぼこ)」が出て,大変華やかである.
しかし『後の祭り』には山車が出ず,いかにも残念なことから生まれた言葉である.
「後の祭り」の語源ですが、ずーっと「今さら祭なんてしたってしょうがない、もう過ぎたことだ」というようなニュアンスだと思っていたんですが、大間違いでした(苦笑)
華やかな祇園祭の華やかなパートが終わってしまって「前の祭りが終わってしまって後の祭りを見てもしょうがない」ということだったんですね。 その証拠というわけではないですが、実際に祇園祭は「前の祭り」と「後の祭り」に区別されているんですね。 現在では後の祭りも華やかになっているようです。
日本3大祭のひとつである祇園祭ともなると日常的に使う言葉として普及するほどみなによく知られていると云うことがわかりますね。 最初使われはじめた頃は「祇園祭の後の祭り」という認識があったのでしょうから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハトは交尾の前にキスをする

楽しいハト観察 その2 ハトの交尾を観察する [いきもの通信]

愛情表現には私が観察する限りで2種類あります。
1つ目は「首のつつきあい」です(写真上)。お互いがお互いの首のあたりをつつきあう行動をします。「お互いに羽づくろいをしている」という親密さを感じさせる行動です。
2つ目は「熱烈キス」です(写真中)。ホントにキスします。くちばしを相手のくちばしに突っ込むほどの熱烈さです。写真ではよくわからないかもしれませんが、確かに突っ込んでます。
これら2つの愛情表現は同時に両方ともやることはないようで、どちらかの行動だけが見られます。
ハトが交尾の前にキスをするとは知りませんでした!
この行動はキジがメスに模様を見せたりコウノトリが求愛ダンスを踊ったりするのと同じような意味合いがあるんでしょうか? 色彩のアピールやダンスは美しさや大きさなどを示せるから有効なのはわかりますが、キスってどうなんだろうか。ハトも気持ちいいのかな?
キスが微妙そうなかわりに羽づくろいはわかりやすいですね。 どちらにするかはペアに依存するのかな? 交尾の時にはいつもキスする「キス好きバト」がいたら面白いな。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

卵子の形成は胎児の時だけじゃない

排卵の常識を覆す発見があった [日経ヘルス]

マウスの卵子を薬剤で破壊しても、その後の卵巣では、卵子を作るために必要な減数分裂という細胞の分裂が行われることがあるのを発見した。卵子の元の細胞に発達が可能な幹細胞が、卵巣周囲に存在する可能性があるという。
卵子の数は胎児の頃に確定して排卵がその数に応じて行われるという定説を覆す報告です。
閉経がいわゆる「弾切れ」になるのではなく、卵子を形成するシステムが不活性化することが原因であれば、閉経後に排卵を復活させる治療などが可能になるかも知れませんね。 もちろん母体の健康を考えた場合にそれが良いことなのかどうかが問題になると思いますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

受精卵診断、筋ジストロフィーについて認められる

筋ジス遺伝防止で受精卵診断を初承認 日産婦倫理委 [Yahoo!]

受精卵診断は国内では、神戸市の産婦人科医が同学会の承認を得ずに男女産み分けなどを目的にした例があるが、学会が実施を認めたのは初めて。同診断には「命の選別につながる」との批判もあり論議を呼びそうだ。
受精卵診断は、体外受精させた受精卵の遺伝子を調べ、遺伝病の有無を判定する。正常な受精卵だけを子宮に戻すことで、遺伝病を持つ子供が生まれるのを防ぐことができる。
男女の産みわけを行ったなどとして話題になった受精卵診断をデュシェンヌ型筋ジストロフィーの原因がある遺伝子変異が母親にある場合に認められたと云うことです。
受精卵診断は命の選別になるという批判があり、倫理的に認められていなかったわけですが今回初めての例として特定の筋ジストロフィー病の遺伝を防止するという場合にのみ行うことが認められたと云うことです。それでもこの遺伝疾患も遺伝子治療という方法で治療できる可能性があるため、しっかりとした理解を両親に施した上での医師との相談が重要になりそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水流の速さがメダカにストレスを

メダカ産卵、護岸工事で水流速まると減る…実験で判明 [読売]

護岸工事などで河川の水流が少し速くなっただけで、メダカの産卵が大幅に減ってしまうことが、国際基督教大教養学部の小林牧人(まきと)・準教授らの実験でわかった。
環境ホルモンをはじめとする化学物質には敏感になって来ていますが、本当の意味での生活環境には逆に無頓着になっていたかも知れませんね。流れの速さが変わったらメダカにとっては大変なことだったわけです。たしかに最も身近な環境ですからね。そりゃストレスもたまるってもんですよね。
良く気がついて調査したと思います。脱帽。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱中症予防に漬け物

熱中症から身を守るには [MSN-Mainichi]

「脱水症状を予防するためには、たくさん水を飲むこと。多くの高齢者にはその習慣がありませんから、時間を決めて飲むなどの工夫が必要です」と、鳥羽教授は強調する。朝食後-午前10時-昼食後-午後3時-夕食後-午後9時--の6回、合計で約1400ミリリットルというのが同教授の勧め。「暑い日はこの倍ぐらい飲んでもよい」とも。
特にお年寄りが熱中症を回避するためにどうすれば良いか述べています。 1日に3リットルもの汗をかくこともあるそうなので、やはりこまめな給水が必要になると云うこと。塩分が水分と同時にでてしまうのでスポーツドリンクが望ましいがその習慣がない場合、水でも良いので漬け物を食べるなどの工夫をすると良いとのことです。漬け物で塩分とミネラルの補給ができるって云うのは目から鱗でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生ゴミからメタンと水素を

生ごみから水素とメタン 燃料電池などに利用 [長崎新聞]

産総研によると、生ごみを原料とした燃料ガスの生産装置はこれまで、メタンを発生させるものが中心だった。新装置は、有機物から水素とメタンをそれぞれ生成する2種類の微生物群を使い、2段階の発酵を行わせるのが特徴。生ごみだけでなく、従来の装置では利用が難しかった紙や段ボールも使える。
水素発酵をする微生物のタンクで発酵をさせた後にメタン発酵をさせるというプロセス。 従来のメタン発酵微生物のみの処理機のエネルギー効率が45%程度であったのに対して55%程度の効率が見込めると云うことです。メタンはボイラの燃料として、水素は燃料電池にそれぞれ用途がはっきりしているのも良いですね。
実際に稼働させてどのくらいのゴミを処理することができるのか、またどの程度の量の水素とメタンを生成させることができるのかが気になりますね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

にがり取りすぎ注意

「にがり」取りすぎ注意 ブーム加熱で国立栄養研 [everything is gone]

研究所によると、主成分の塩化マグネシウムが「糖の吸収を遅らせる」「脂肪の吸収をブロックする」「糖質代謝を促進する」などとして、ダイエット効果を紹介する例が目立つが、どれも確実な根拠や文献はない。
マグネシウムは医薬品の世界では下剤に使われており、食品としても過剰に摂取すると下痢する可能性がある。下痢による一時的な体重減少は見かけの変化にすぎず、ビタミン、ミネラルの吸収を妨げることもある。
にがりって単純に身体に良いと思っていたんですが、根拠も怪しいんですね。かなり意外。
「マグネシウムの取りすぎ→下痢→体重減少」ってスキームは見かけだけ一時的に痩せてるというだけではなく、栄養吸収の面からも危険だと思うので過剰な摂取はやめておいた方が良さそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年間通じて気温の変わらない部屋

高気密・高断熱住宅、心筋梗塞予防に効果――東急ホームなど検証 [日経health]

高気密・高断熱性能と24時間全館空調装置のある住宅環境は心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞の予防効果があることを検証、確認した。年間を通じて室温変動の少ない住環境下では血圧が安定するためという。
年間を通じて室温変動が少ない環境って想像もつかないんですが、快適であることは間違いないですね。 血圧が下がるだけでなくストレスが軽減することも大きいんじゃないかと思うんですがどうなのかな?

梅雨も明けて暑いー。 年間通じて温度湿度の変わらない部屋希望。(特に湿度

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耳長エルフはキリスト教が作った!?

昨日のエントリ「Orbium: 耳長エルフは日本人!?」について、もなみ9歳(青い悪魔)さんに今日(7月13日)の「耳長エルフ」で取り上げていただきました。

実を言うと、もな兄はケルト民話を個人的に収集していて、その蔵書は妖精文庫から妖精辞典まで、100冊を越えるほどなのですー。
 そういうわけで、エルフの経緯トカも、たぶん正確に把握してますー。  で、答えを言ってしまうと、エルフの耳はとがっていなければならないのですよー。
 だって、エルフは悪魔だから。
そもそも今言っているエルフはケルト民族の妖精群が発祥で、役割によって異なる呼び名を持つものだったようです。それがけるとの衰退によってひとまとめにされたものがエルフ。このころにはまだ長い耳を持っていなかった。
それがキリスト教によって悪魔とみなされ、結果としてエルフが悪魔的に描かれるようになり長い耳を持つようになったということです。耳長エルフはキリスト教が生んだといえるんですね。
指輪物語ではこのキリスト教以前のエルフ像を描いたために耳の長くないエルフになったのではないかということです。
そうなると、日本にエルフが伝わったのがもし指輪物語だとするのなら、日本エルフはロードス島戦記を介して独自に耳長になった、ということも考えられないかな? もちろんエルフを意識していたという可能性が大きいわけですよね。
特に「耳長エルフ=日本発祥」にこだわるつもりはありませんが、耳長エルフに2系統あったら面白いなと思うわけです。でも、昨日のエントリだとわからなかった「なぜロードスの作家が耳を長く描いたのか」という疑問がすっきりと説明できますね。

もな9さん、つたないエントリに非常に詳しいフォローをいただきまして本当にありがとうございました!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

クッキーとビスケットの違いとその語源

ビスケット、クッキー、サブレの違いがあるのは日本だけ!? [きもね亭]

細かく区別しているのは、どうやら日本だけのようです。呼び方もイギリスでは「ビスケット」、アメリカでは「クッキー」、おふらんす~(笑)では「ビスキュイ」。
クッキーとビスケットの違いは、食べたときにさくさくしているのがビスケット、しっとりしているのがクッキー。とたいした裏づけもなく思っていたのですが、どうもこの辺の言葉の使い分けを明確にしているのは日本だけのようです。
アメリカ、イギリス、フランスでの使い分けを簡単にまとめると、

・アメリカ:
サクサクしているのは全部クッキー。柔らかいパンのことをビスケットという。これはケンタッキーのビスケットですね。
・イギリス:
ビスケットというものが存在しない。すべてクッキー。
・フランス:
クッキーに対応する言葉がサブレで、もともと砂という意味で口の中でさらさらと溶けていくお菓子を指すようです。ビスケットに対応する言葉はビスキュイになるわけですね。

ビスケットとビスキュイの語源はラテン語の「Biscoctum Panem」で「2度焼いたパン」という意味。航海に持っていくのに日持ちを良くするためにこうしたのだといわれています。先にフランスに渡ってビスキュイとなった後にビスケットになったようです。
クッキーの語源はオランダ語でケーキをさす「koek」だといわれています。アメリカでオランダ人が焼き菓子のことをクッキーと呼んだのが始まりだということです。アメリカにあってイギリスにない理由がわかりますね。

そもそもビスケットとクッキーでは始めの言葉が違うわけです。実際にこの2つを両方とも持っているアメリカでは使い分けていますよね。

では、日本ではどのように使い分けているのか? これは法律に書いてありました。味も素っ気もない話ですが「公正競争規約」というものの中に定めされています。

「ビスケット」とは、小麦粉、糖類、食用油脂および食塩を原料とし必要により澱粉、乳製品、卵製品、膨張剤、食品添加物の原料を配合し、または、添加したものを混合機、成型機およびビスケットオーブンを使用し製造した食品をいう。

規約第3条第1号アに定めるクッキーとは、次に掲げるものをいう。
(1)「手作り風の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもので、嗜好に応じ、卵、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜などにより製品の特徴づけをおこなって風味よく焼き上げたもの。

とあります。クッキーはビスケットの一部で特に糖分・脂肪分の割合が40%以上のものを指すんですね。

そもそもの起源であるヨーロッパで区別していないものを輸入された国で区別しているっていうのはちょっと面白いですよね。でも本当はアメリカのように「クッキー=焼き菓子」「ビスケット=パン」というほうが語源を考えると正しそうだということがわかりました。
日本のビスケットは「乾パン」から着想を得てパンなんだけど焼き菓子ってイメージが定着したのかもしれないな。っておもうのは考えすぎ?

| | Comments (133) | TrackBack (2)

毛細血管マップをデザインする

毛細血管網:印刷技術応用し再生成功 東京医科歯科大など [MSN-Mainichi]

印刷技術を応用して人体の毛細血管網の「設計図」を作り、その通りに血管網を再生させる研究に成功したと発表した。毛細血管網の再生に成功した例はなく、将来、痛んだ臓器を回復させる再生医療などに応用できるという。
基板上に印刷したマップどおりに血管の元になる血管内皮細胞を流し込み、それを培養細胞に転写することで基板上に作成したマップどおりに毛細血管網を作ることに成功したという報告です。
これまで毛細血管網の再生をした例はなく再生医療の前進に期待されますが、まだまだ再生効率が実用レベルではないようです。心筋梗塞など局所的な血管の再生が必要となる疾患の治療に用いられることが期待されているようです。
この技術では毛細血管を自由にデザインして再生することが可能になるので、より効率的な血流を提供できるようなデザインの研究がなされていくことになるのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手術で治る痴呆症がある

痴呆症:手術で治せる「特発性正常圧水頭症」 特徴は歩行障害、見逃さないで [MSN-Mainichi]

脳と脊髄(せきずい)の中には透明な髄液があり、脳を守るクッションの役目を果たしている。正常圧水頭症は、この髄液が過度にたまって脳を圧迫して起こる。その9割は、くも膜下出血や頭部外傷などが原因で年齢に関係なく起きる症候性正常圧水頭症だ。一方、原因のはっきりしない特発性正常圧水頭症は60歳以上に起きやすい。「特発性の患者は全国で4万~8万人と推定されるが、手術を受けているのは多くても年に1000人だ」と板東部長は指摘する。
この「特発性正常圧水頭症」の特徴的な症状は歩行障害、痴呆、失禁の3つ。現状では医師の診断によって発見され手術を受けるというパターンだけですが、普通の痴呆と診断されてしまうことも多いそうなので疑わしい場合は専門病院で検査を受けるべきだということです。手術には保険も適用されるようなので安心ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人類進化はおばあちゃんのおかげ?

人類進化のカギは「おばあちゃん効果」 米研究 [CNN]

人類の長い歴史の中で、約3万年前に年配者の割合が飛躍的に伸び、これが進化のカギになったとする説を、米人類学者らがこのほど発表した。子育てを終えた「祖父母」らが、子孫の繁栄に大きな役割を果たしたと考えられる。
具体的には子育てを終えた世代が孫の世代の世話をすることで、より多くの知識や技術が若い世代に伝えられ結果的に一族の反映に直結したのではないかという仮説を論じています。
ここでは老練した技術などが伝わっていくことが大きな意味合いを持つように述べられていますが、成長の過程でより多くの人間とコミュニケーションを持つことができたことも大きな要因ではなかったのかと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

傷が治るサプリメント

傷を治すサプリメント [BioToday]

InflammEnzには様々な成分が含まれていますが、次の4つの成分が主に傷の治癒を早めたと考えられます。

・ビタミンC:コラーゲンの生成に必要。フリーラジカルから細胞を守る。
・Bromelain:パイナップルの根に含まれる抗炎症性の物質。筋肉や組織の浮腫を抑える。
・ルチン:血管を守る作用がある。ビタミンCの作用を増強する。
・グレープの種のエキス:血管新生を助ける。細胞膜を強くする。

InflammEnzという名前の複合サプリメントが傷の直りを早める効果があることがわかったという報告。ビタミンCやルチンはサプリメントとしてもよく聞く名前ですがBromelainとブドウの種のエキスは珍しいかもしれませんね。グレープシードオイルの抗酸化作用が一時期話題になりましたが、ほかにもいろいろと効果があるんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぜんまい歯ブラシ

磨いて楽しい子供用のぜんまい式歯ブラシが登場 [日経ヘルス]

この歯ブラシは子供用のおもちゃのような形で手に持つ部分が太くなっている。この部分にぜんまいがあり、これをねじ巻きすると、ぜんまいに力が貯えられて、歯ブラシ先端が動いて、上手に歯磨きができる。
歯ブラシを持ちながらぜんまいを巻くと伝導はブラシみたいにブラシ部分が動くって云うことなのかな? それだったら大人用も面白そうだなあと思うんですがどうでしょ?
でも歯磨きながらぜんまい巻くのは大変かもな。歯磨きしたがらない子供がぜんまいを楽しみにして歯を磨き始めてくれたら磨けているかどうかは別として画期的だというアイテムどまりかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

緑のレーザポインタ

コクヨ、赤色より8倍見やすい緑色レーザー・ポインタ [nikkeibp.jp for Technology & Business]

赤色レーザーを使う通常のレーザー・ポインタより比視感度の高い「レーザーポインター<GREEN>」を発表した。波長532nmの緑色レーザーを使用し、「赤色レーザー・ポインタに比べ8倍明るく認識できる」
1度だけ緑色のレーザポインタを見たことがあるんですが(たしか外国人の方が演者だった)、とても見やすかったのを良く覚えています。8倍も見やすかったかどうかは微妙ですが、レーザポインタって白地だといいんだけど暗い背景色に白い文字というようなスライドだと見にくいんですよね。
…それにしても35700円は高いなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はっけよいのこった!の事実

「ハッキヨイ ノコッタ」の意味は? [goo 大相撲]

この「ハッキヨイ」とは「発気揚揚」がつまったもので、気分を高めて全力で勝負しようという意味である。さらに「ノコッタ」は「残った」の意味で、両力士とも土俵に残っている、勝負はまだついていないと知らせているのである。がっぷり組んで動かないときは「ハッキヨイ」、技をかけている場合は「ノコッタ」の声をかける。
そもそも「はっけよい」だと思ってました。ハッキヨイが「がんばれ!」にあたってノコッタが「まだ勝負ついてない」ってことなんですね。取り組みの途中で行事さんが声を発しているのが何故なのか解りました。
手持ち無沙汰で景気付けに云ってるのかな? ってついこないだまで思ってましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耳長エルフは日本人!?

エルフの耳は何故長い [水鏡]

少し話を戻して指輪物語の事。
この作品のエルフが現在の原型として間違いないのはいいとして、問題はその容姿。
…ええ、耳長くないんですよ。実は。
作中で耳についてはっきりと記述した箇所はないですし。
日本でも公開された映画「ロードオブザリング」を見て、エルフの耳が長くないと思った人もいるかもしれませんケド、別に作り物の耳付けると不自然だから妥協した、とかじゃなくて、もともとそういうデザインなんです。
せいぜい、人間に比べると先が尖ってて少し長め…といった程度でしょう。
要は、極端にエルフの耳が長いのは日本独特だって事。
エルフといえばピンと立った耳が定番というか種族としてそういうものと定義されているのだと思っていたので非常に意外でした。ちなみに僕のエルフ(耳が立っている種族)との出会いはゼルダの伝説のリンクです。もちろん指輪物語なんて知りませんでしたしね(苦笑)
日本にエルフが輸入され、浸透していく中で代表格となったキャラクタ=「ロードス島戦記」のディードリットの耳が長く尖っていたために「エルフ=耳が長くとがっている」というイメージが浸透したのだろうということです。

B-CLASSさんの検証「エルフの正体」においても日本のエルフの耳が特徴的であることが述べられている。どうも英米のエルフの耳はバルカン星人(スタートレックのスポックなど)程度だということだ。まったく尖がっていない訳ではないんですね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

高山病が痴呆の原因になる

<高山病>痴呆の危険 帰国後に言葉や動作が緩慢に [Yahoo!]

空気中の酸素濃度が低い高地で高山病を起こした後に痴呆になるケースがあったことが分かり、順天堂大医学部などの研究グループが米国の高山病専門誌に発表した。脳に酸素が行き渡らず、組織の一部が破壊されるためとみられる。旅行や登山で高地に出かける中高年が増えているが、研究グループは「中高年の方は、短時間に高度を上げないようにご注意を」と呼び掛けている。
脳が低炭素状態にさらされたことで大脳の淡蒼球という部分が破壊されてしまったのではないかということです。 高山病というと高い山に登らなければ無縁というイメージですが、記事中の実例にもあるように「リマからクスコへ空路移動し、高山病を起こした。」という日常的な移動中にでも起こることがあるので十分に注意が必要だといえますね。徐々に高いところに上っていくように心がける必要がありそうです。ツアーで引きずり回されたりするとちょっと怖いかもしれないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« July 4, 2004 - July 10, 2004 | Main | July 18, 2004 - July 24, 2004 »